理解しておきたい!血液クレンジング療法の特徴と注意点

2018年7月27日 By admin

血液クレンジング療法の特徴

血液クレンジング療法は、ここにきて、これまでになかった新しい美容法として人気になっています。具体的には、自分自身の血を抜いて、それにオゾンをミックスして身体の中に戻すことによって抵抗力を上昇させ、美容効果に結びつくというものです。 手法としては、美容クリニックにおいて取り組む大量自家血療法がメインになっています。点滴によっておおよそ100cc~200ccの血を抜いて、オゾン化することになります。オゾン化した血を身体の中に戻すと、赤血球の機能が促進され、弱っている毛細血管まで酸素が届き易くなります。 そのようなオゾンを用いた治療法は欧州では、がん治療などにも活用されているぐらい信用の高いものです。

血液クレンジング療法の注意点

オゾンに因る大気汚染の風評などにより、日本国内で実践されていたオゾン療法は途絶えています。そして、美容法の形での血液クレンジングは、批判的な評価もまだあります。 しかしながら、オゾンに関して適正に理解し、活用する事によって、非常に高い効果を手にできる治療が可能です。要領を得た処置を実践すれば、副作用はほとんど見られません。気掛かりな場合はあらかじめ調べておいたり、ドクターに聞くと賢明でしょう。 ただし注意すべき点として、甲状腺亢進症、妊婦の人は治療して貰うことができません。加えて、血を目にして気持ちが悪くなる方も気をつける必要があります。 そして美容法の形での血流クレンジング療法は保険適用外になります。何度も実施することで効果効能も上がりますが、費用についてもあらかじめ相談することが望ましいです。

血液クレンジングは美肌や美白などアンチエイジング目的だけでなく、健康や病気の予防にも効果があるとして注目されています。