これで安心!きちんと予防をしてそばかすにならない肌になろう

2018年7月26日 By admin

そばかすとは何なのか?

人目が気になる方で、顔にそばかすができないか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。そもそもそばかすとは、雀卵斑という先天性のシミのひとつで、スズメの卵殻の模様に見えることからこの名前が付けられました。目の周囲など、顔の皮膚が薄めの箇所に細かくできることが多く、紫外線を必要以上に受けるとメラニンが増し、そばかすが濃くなります。

そばかすを予防するために大切なこと

そばかすの予防に効果があるのは、ビタミン類を摂取することです。中でも、ビタミンEやビタミンC、ビタミンB2などの成分は、メラニン生成のもととなるエンドセリンの受け渡しを食い止めてくれます。他にも、送られた指示をもとに活動するチロシナーゼをストップさせる作用があります。このように、ビタミン類はメラニンを生産する働きを弱められるため、そばかすの予防になるのです。さらに、ビタミン類はそばかすの予防に限らず、できてしまったそばかすにも働きかけてくれるのが良い点ですね。

ビタミン類を摂取する際に予め理解しておくことは、ビタミンCやビタミンB2は水溶性ビタミンなので、体内にとどめておくこはできないということです。よって、日頃から間隔を空けずに体内に取り入れるようにしましょう。

また、そばかすの予防には、原因となる紫外線を極力受けないようにするのが大事です。外出時には日傘をしたり日焼け止めを塗ったりすると、そばかすが生じにくくなります。

以上のように、ビタミン類の摂取と紫外線対策をきちんとすると、そばかすに悩まされることはなくなるでしょう。

そばかす」は、遺伝や日焼けによって出来ます。遺伝の場合は、思春期をピークにその後は薄くはなりますが消えるということはありません。一方、日焼けによって出来た場合はシミと同じメカニズムです。